なつぞら 126話あらすじです。

 

なつは、優が生まれて、職場に復帰しました。

 

しかし、作画監督ではなく、産休前の原画です。

 

なつは、テレビ漫画を描きながら、子育てを続けました。

 

そして、1年が経ちました。

 

優を預ける保育園を探しますが…

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第126話 なつ、原画に復帰する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、子供を産み6週間となり、職場に復帰する日が来ました。

 

出勤すると、みんなが喜び、出産を祝いました。

 

なつは、仲(井浦 新)と井戸原(小手 伸也)にも、仕事復帰の挨拶をしました。

 

しかし、仲は、以前と同じテレビ漫画「魔法少女アニー」の原画に戻るように言いました。

 

社長から言われた、作画監督では、ありませんでした。

 

なつは、産休明けなので、激務の作画監督ではなく、原画に入って体力を戻すことが、大切だと言われました。

 

なつは、桃代(伊原 六花)とも会いました。

 

桃代は、なつを見て、母親らしくなったと、言いました。

 

なつは、働く女の期待の星だからと、桃代が励ましました。

 

「魔法少女アニー」は、3年目に入り、まだまだ人気の高い番組です。

 

なつは、原画の一員として復帰しました。

 

一方、坂場は、翻訳の仕事をしながら、優の面倒を見ています。

 

優が泣き出すと、翻訳作業を中断して、優をあやしました。

 

なつは、仕事中、優のことを考えないようにしました。

 

でも、やはり、無理でした。

 

つい、優のことを思ってしまいました。

 

その頃、坂場も、アニメーションのことが気になりました。

 

坂場は、マコプロダクションに電話をしました。

 

 

なつと坂場の子育ては順調

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

坂場は、「三代目カポネ」の進捗状況を聞きました。

 

「三代目カポネ」は、まだ馴染みのない、大人向けアニメーションなので、今売り込み中です。

 

坂場は、ここ数年、アメリカのペーパーバック小説を翻訳していました。

 

ギャングものなら、アイデアは出せると、麻子に伝えました。

 

なつに負担はかけないようにして、早く参加してと、麻子は期待しました。

 

午後6時になり、なつは、慌てて帰宅しました。

 

坂場は、ミルクを飲んだ時間と量、排便や昼寝の時間など、ノートに記録していました。

 

優の「育児ノート」です。

 

なつは、原画に戻ったことを伝えました。

 

会社も、配慮してくれたんだろう。

 

毎日残業が続く仕事だったら、神経がもたないだろう。

 

と、坂場は、慰めました。

 

なつは、母親になって、一番の敵は、子供のことが気にってしまう自分自身だと、気が付きました。

 

夜中でも、赤ちゃんは泣き出します。

 

母乳を飲ませていると、寝不足にもなります。

 

優が、順調に育っているか、病気になってないかも心配です。

 

そんな時は、仕事への情熱が、元気の元になります。

 

また、坂場の楽しそうな育児のサポートも、なつの味方になります。

 

坂場は、昼間、優が坂場の顔を見て笑ったことを報告しました。

 

なつは、そのことに、つまらない嫉妬を感じます。

 

だけど、最大の味方は、優の成長と、それを知る喜びでした。

 

優が、初めて立ち上がると、なつも坂場も大喜びしました。

 

優が生まれて、あっと言う間に1年が経ちました。

 

なつは、保育園を探すため、福祉事務所を訪れました。

 

すると、あの意地悪そうな職員が、やって来ました。

 

前回は、大変失礼をしました。

 

出来るだけ近い保育園を紹介しましょう。

 

と、打って変わって、親切に対応してくれました。

 

そして、昭和44年(1969年)春を迎えました。

 

坂場は、優をおんぶして夕食を作っています。

 

なつが、仕事から帰ってきました。

 

福祉事務所から、連絡が来ています。

 

全部の保育園に、落ちました。

 

なつは、どうすればいいのか、唖然となりました。

 

なつぞら 126話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 126話あらすじ感想のまとめです。

 

なつが優を出産し、早くも職場に復帰しましたね。

 

ところが、作画監督ではなく、産休前の仕事に戻りました。

 

仲は、子育てが大変だろうからと、説明します。

 

なつと仲が話す様子を、何故か井戸原は、陰からコッソリと見ていました。

 

仲が言わない、会社の方針が、何かあるのでしょうか。

 

気になりますね。

 

さらに、1年経っても、優を預ける保育園が見つかりません。

 

なつは、育児と仕事、どう切り抜けるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事