なつぞら 148話あらすじです。

 

なつの仕事場に、千遥がやって来ました。

 

千遥は、「杉の子」を辞めると打ち明けました。

 

なつは、千遥を家に連れて行き、話しを聞きました。

 

千遥は、結婚した経緯や家庭の事情を語り始めました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第148話 千遥、過去を語る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつが働くマコプロに、千夏がやって来ました。

 

なつが、出迎えると、千遥も姿を見せました。

 

なつは、千遥の料理を食べて、千遥が、誇りを持って料理をしていることが、良く分かりました。

 

千遥は、なつの作品を、ずっと見ていました。

 

そして、なつが強く生きて来たことが、分かりました。

 

ソラを見ていても、そのことがよく分かりました。

 

なつは、自分の思いが、千遥に届いていたことを、嬉しく思いました。

 

千遥は、料理を食べてもらい、今までちゃんと生きてきたことを、分かって欲しかったのです。

 

なつには、そのことも、よく分かりました。

 

「お姉ちゃん。私、あの店を辞めようと思う。」と、千遥が、打ち明けました。

 

なつは、千遥と話しをする為に、二人で家に戻りました。

 

千遥は、今までのことを語り始めました。

 

18歳の時に、神楽坂の「杉野屋」という料亭に、嫁ぎました。

 

政治家が使うような立派な料亭で、千遥も芸者の卵として、お座敷に出ていました。

 

それで、料亭の次男に結婚を申し込まれ、結婚しました。

 

明るくて優しい人でしたが、今は、一緒に過ごしていません。

 

夫は、別の女性と暮らしています。

 

千遥は、「杉の子」があったので、今まで我慢をして来ました。

 

「杉の子」は、亡くなった親方が作った店です。

 

親方は、千遥の夫の父親です。

 

父親は、料亭で料理人の親方をしていました。

 

千遥は、親方から料理を仕込まれました。

 

調理師免許を取らせてもらい、店も任されるようになりました。

 

結婚した千遥を、一番受け入れてくれたのが、父親でした。

 

だから、千遥は「杉の子」を大事にして来ました。

 

離婚すれば、店で働き続けることが出来ません。

 

千遥は、別れるべきか悩んでいましたが、今決心をしました。

 

 

千遥が再び家族に戻る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

千遥が別れたいなら、別れていいと思う。

 

千遥は、何も悪くないでしょ。と、なつは言いました。

 

千遥は、自分の過去を隠して結婚しました。

 

浮浪児であったこと、兄や姉がいることが知られたら、千遥を嫁がせた置屋のお母さんにも迷惑がかかります。

 

千夏の親権も心配です。

 

でも、千夏にまで嘘をついて生きるのは、もう嫌でした。

 

千遥は、堂々と生きられるようになりたいと思いました。

 

そのために、本当のことを話して、夫と別れようと決めました。

 

「また、家族になってくれる。」と、千遥が言いました。

 

「そんなの、当たり前じゃない。千遥は、もう自由になっていい。堂々と生きていい。また、一緒に生きよう。」と、なつが涙をこぼしました。

 

なつと千遥が、マコプロに戻りました。

 

優と千夏が、一緒に遊んでいます。

 

千遥が、なつは、私のお姉さんだと、千夏に打ち明けました。

 

優は、もう隠していなくていいんだと、安心しました。

 

なつは、マコプロの仲間にも、千遥を妹として紹介しました。

 

その夜、なつの家に、咲太郎と信哉が集まりました。

 

信哉が、千遥の義母について話しました。

 

料亭「杉野屋」の女将は、筋の通った人であることが、分かりました。

 

信哉が、調べてくれました。

 

信哉は、みんなを家族だと思っています。

 

信哉は、空襲から1年近く、一緒に過ごした日々が、忘れられません。

 

その経験があったので、どんなことでも耐えてこられました。

 

あの千遥が、また家族になったら、信哉の戦争も、やっと終わります。

 

なつや咲太郎にとっても、信哉は、何時までも家族でした。

 

なつぞら 148話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 148話あらすじ感想のまとめです。

 

千遥が、離婚を決意し、なつに打ち明けましたね。

 

夫婦の問題ですから、色々あると思います。

 

千遥の場合は、自分の過去を隠していたので、何か後ろめたい感じが、いつもあったのでしょう。

 

そんな雰囲気が、夫も息苦しかったのでしょうか。

 

次回、話し合いがあるようなので、事情も分かるでしょう。

 

ところで、千遥が、お客としてお店に食べに来てくださいと、言いた意味です。

 

千遥は、自分がどんな風に暮らして来たか、知って欲しくてお店に呼んだのですね。

 

千遥は、なつの作品を見て、なつが、どんな風に生きてきたかを知りました。

 

同じように、千遥の料理を食べて、感じて欲しかったのでしょう。

 

もうこれからは、言葉でハッキリと話すことが出来ますね。

 

RECOMMEND
人気記事