なつぞら あらすじ第63話です。

 

なつは、川村屋で信哉に会いました。

 

信哉は、自分が取材したニュースが、テレビジョンで放送されると言います。

 

テレビジョンで流れたのは、迷子の女の子のニュースでした。

 

なつは、ニュースを見ながら、千遥のことを思い出しました。

 

どうしても千遥に会いたいと、なつは信哉にお願いをしました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第63話

なつぞら なつ、トレースの練習引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、仕上げの仕事が終わった暇の間に、トレースの練習をすることにしました。

 

実際にトレースをやってみました。

 

なつは、クリーンナップの練習をしていたので、線はキレイに成っていました。

 

しかし、同じ絵を10枚描いて重ねると、線がブレているのが分かります。

 

なつと同じ作業をトレーサーのがすると、線がみごとに重なっていました。

 

映画のフィルムは、1秒間に24コマです。

 

漫画映画は、セル画1枚を2コマずつ使って、12コマでできています。

 

1秒間に、ズレタ絵が使われると、動きが可笑しくなります。

 

どんなに上手く描いても、完璧に重なりません。

 

ベテランのトレーサーが描いても、微妙に絵はズレています。

 

しかし、それが、絵に命を与えることになります。

 

動いてないように見えるところでも、かすかに動くので、絵が生きているように見えるのです。

 

それが、トレースの技術です。

 

なつは、トレースの極意を知ったように、頷きました。

 

なつは、昼休みに中庭で桃代とパンを食べました。

 

なつと桃代が、洋服の話をしていると、なつの横に座っていた下山が、話しかけました。

 

二人ともよく頑張っているよ。今のところ、まだ同じ服装を見たことがない。

 

同じ服を着ていても、組み合わせや何か、変えている。感心するよ。

 

と、下山が笑いました。

 

下山は、毎日二人の服装をスケッチしていました。

 

服装が同じになったら、スケッチを止めるつもりです。

 

桃代は、だったら、止めさせないと、宣言しました。

 

 

まつは千遥にどうしても会いたい

なつぞら なつ、千遥に会いたいと言う引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、久しぶりに川村屋へ行きました。

 

昨年の暮れ、川村屋にテレビジョンが置かれたため、お客が増えていました。

 

今日も満席です。

 

なつは、マダム光子に会い、演劇「人形の家」のチケットを10枚も買っていることを知りました。

 

マダム光子は、新劇を応援するため、チケットを買ったと、言いました。

 

信哉も、偶然お店にやって来ました。

 

信哉が取材したニュースが、テレビジョンで流れます。

 

週間ニュース「都会の迷子たち」です。

 

東京には、おおぅの迷子が保護されます。

 

この日も、上野駅で泣いている女の子に、警察官が声をかけます。

 

女の子は、離れて暮らす父親に会うため、駅まで来たが、途方にくれていました。

 

探しに来た母親に会い、女の子は涙を流しました。

 

なつは、幼い頃、母親に会いたいと泣いた千遥のことを思い出しました。

 

なつは、テレビジョンを見て、千遥を見つけたい、千遥の行方を捜したいと、信哉にお願いしました。

 

咲太郎は、千遥が幸せに暮らしているのを、ジャマしてはいけないと言い、探しません。

 

咲太郎は、千遥に会って、自分に何ができるのか考えると、怖いのだとマダム光子が言いました。

 

なつは、家に戻り、咲太郎に、千遥がどこにいるか知りたい、遠くから見るだけでもいいと、言いました。

 

咲太郎は、千遥を預けたおばさんが、引っ越す前の住所を教えました。

 

引っ越す前の家に、咲太郎は行きましたが、転居先は分かりませんでした。

 

なつは、咲太郎も千遥に会いたかったのだと、知りました。

 

なつぞら あらすじ第63話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第63話の感想まとめです。

 

なつは、小さい頃に別れた、妹の千遥に会いたくなりましたね。

 

そのキッカケは、信哉が取材した、テレビジョンのニュースです。

 

当時の東京の玄関口上野には、毎月30人の迷子が保護されたそうです。

 

1日3回、警察官が駅を巡回し、迷子を保護したといいます。

 

昭和32年の話しです。戦後10年以上経っても、まだ、そんな状況だったのですね。

 

なつ達は、それよりずっと以前に保護されていますが、兄妹が離れ離れになりました。

 

千遥は、親戚の川谷 としに預けられました。

 

としは、なつの母親のいとこです。

 

千遥の前に、なつや咲太郎が現れて、せっかく幸せに暮らしている千遥を、心配させてはいけないと、咲太郎は、思っていました。

 

でお、なつは、どうしても千遥に会いたくなりました。

 

千遥は、幸福なんでしょうか。

 

なつは、千遥に会えるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事