なつぞら あらすじ第58話です。

 

なつは、動画を描き上げ、会社に持って行きました。

 

麻子は、なつの動画を堀内のものと勘違いします。

 

しかし、堀内が描いたのではなく、なつが描いた動画であることが分かりました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第58話

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、拾った動画原稿を持ち帰り、一晩で仕上げました。

 

翌日、自分で描いた動画を持って会社に行きました。

 

麻子は、机の上に置いてある動画を見ます。

 

なつが、お昼休みから戻ってきました。

 

すると、自分の机に置いた、動画がなくなっています。

 

麻子が動画を持って行った。なつが、勝手に持って来たあの動画は、大事なものだった。

 

と、富子が教えました。

 

なつは、慌てて作画室へ向かいます。

 

麻子は、堀内が描いた動画だと思い、堀内のところへ行きました。。

 

堀内が捨てた動画を、仕上げの子が持って行ったの。なぜ捨てたの。私は、凄くいいと思う。

 

と、麻子が絶賛しました。

 

堀内は、麻子が持っている動画を見ます。

 

僕じゃないよ。僕が、描いたんじゃない。こんな稚拙な絵は、描かないよ。こんな絵を描いたと思われたら、心外だよ。

 

と、堀内は、強く否定しました。

 

じゃあ、誰が書いたのと、麻子が聞きます。

 

二人の話を聞いていたなつが、「あのう。」と、声を出しました。

 

まさか、と麻子がつぶやきます。

 

すいません。私が描きました。と、なつが言いました。

 

仲も井戸原も、なつが描いた動画と知り、驚きました。

 

なるほどね。この表情に、よく気付いたね。

 

なつの動画を見た下山が、感心しました。

 

原画を描いた僕にも、その発想はなかったと、井戸原が言いました。

 

どうして描いたのと、麻子が聞きます。

 

人に見せるつもりで描いたのではなく、勉強のために、勝手に拾って描きました。

 

絵をなぞっているうちに、白蛇の気持ちになり、そうなったと、なつが謝りました。

 

なつは、高校の演劇部で、白蛇の化身の役を演じていました。

 

その時、自分の経験から想像して、自分の魂を動かすことを学びました。

 

すると、白蛇の悲しみや怒りが、分かってきたのです。

 

分かったわよ。勝手に勉強していたってことでしょと、麻子が困った顔をしました。

 

井戸原は、堀内には技術があるから、なつの絵をきれいな線でクリーンナップし、動画として完成して欲しいと、堀内に頼みました。

 

これ、使ってもいいよねと、なつに言いました。

 

井戸原に言われ、麻子も了承しました。

 

 

なつの再試験が決まる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、仕上げ室に戻りました。

 

富子は、仕上げの仕事もちゃんとするよう、なつに言いました。

 

なつが、席に戻ると、桃代が言いました。

 

仕上げの仕事が面白くなってきた。漫画映画もちゃんと勉強したい。

 

だって、なつを見ていると、楽しそうだもの。

 

なつも、今日始めて、その楽しさが少し分かったような気がしたと、言いました。

 

楽しさに限りはない。ただ、自分がそれを求めるかどうかの違い、となつは思いました。

 

なつは、開拓者精神を泰樹から鍛えられました。

 

やるしかないと、思いました。

 

仲と井戸原は、なつの動画を第一制作課長・演出家のの露木 重彦(木下 ほうか)に見せました。

 

露木は、言いと思うが、指示されていないことを、勝手に描けば、悪い前例になると、言いました。

 

しかし、原画は仲と井戸原の二人しかいません。

 

動画で補ってもらうことも仕方がないと、仲は言います。

 

東洋動画スタジオ所所長の山川 周二郎は、人手不足は分かるが、仕上げの新人を作画に移動させるのは、どうあかなと、言いました。

 

なつは、元々6月のアニメーターの試験に合格していたはずと、仲が説明します。

 

絵は下手ですが、センスはある。今鍛えれば、どこまでも伸びる。と、仲は食い下がりました。

 

仲が、そこまで言うなら、もう一度試験を受けてみればと、露木が提案しました。

 

翌日、なつは、仲に呼ばれて、ランチをご馳走になりました。

 

君をもう一度、試験しようと思っている。それに受かったら、アニメーターにする。仲が、突然、なつに言いました。

 

なつは、突然の言葉に驚きましたが、やらせて下さいと、言いました。

 

なつぞら あらすじ第58話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第58話の感想まとめです。

 

なつは、堀内の動画を勝手に持って行ったと、思われたのですね。

 

だから、なつの机にあった動画は、堀内が描いたものと麻子が勘違いしました。

 

麻子が要求する、絵に命を吹き込むことが出来ていたからです。

 

仲と井戸原は、なつの才能を見込み、作画課に移動させようとします。

 

そして、なつの再試験が決まりました。

 

社内試験になりますが、無事合格できるのでしょうか。

 

ところで、桃代のことも少し分かりましたね。

 

桃代は、子供の頃から絵を描くのも見るのも好きでいた。

 

でも、普通の高校で、美術でもありませんでした。

 

それが、絵の仕事をするようになりました。

 

お嬢さまではないようですね。

 

RECOMMEND
人気記事