なつぞら あらすじ第59話です。

 

なつは、仲が勧めたアニメーター能力審査試験を、受けることにしました。

 

試験までは、1ヶ月です。

 

なつは、時間を惜しんで、猛勉強をしました。

 

一方、天陽は、十勝の展覧会で受賞したと、知らせが入りました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら あらすじ第59話

なつぞら なつ、麻子と話す引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、仲から再試験の話を聞きました。

 

再試験に合格すれば、なつはアニメーターになれます。

 

6月に採用されえた社員は、2ヶ月ごとに能力審査を受け、合格した者が、動画を任されます。

 

次の試験は12月です。

 

なつは、あと1ヶ月で、彼らと同じ試験を受けることになりました。

 

なつは、その日喜んで風車に帰りました。

 

お店には、雪次郎が来ていました。

 

なつは、特別に試験を受けられるチャンスを掴んだと、嬉しそうに亜矢実に報告しました。

 

それから、なつは、寝る間も惜しんで猛勉強をしました。

 

なつは、再試験を受けることが決まり、やる気が出たのか、彩色の腕前も上達しました。

 

なつは、護美箱から試験の教材を集めました。

 

下山のように、お昼には中庭で、人のスケッチをします。

 

なつが、スケッチをしているところに、麻子がやって来ました。

 

アニメーターになりたかったのね。早く言ってよ。恥かいたじゃない。

 

驚くなつに、麻子が言いました。

 

試験を受けるんだって?あの絵で、あなたには無理よ。

 

と言って、麻子は去って行きました。

 

なつの再試験が始る

なつぞら なつ、再試験を受ける引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

中庭に、陽平が来ました。

 

天陽が、帯広の展覧会で受賞したことを教えました。

 

第29回十勝美術展で、天陽は受賞のスピーチをしました。

 

農業をしながら絵を描いている。生きる為に必要なことをしている。

 

これからも、社会の価値観とは関係のない、ただの絵を描いていく。

 

なつは、天陽に、馬の絵の受賞を祝う手紙を書きました。

 

一方、天陽の母親は、天陽の気持ちを分かっていながら、なつは東京へ行った。

 

だから、天陽が一人で待つことはない。と、言いました。

 

天陽は、なつを待っていないと言います。

 

だったら、早く華族を作れと、父親が言いました。

 

昭和31年(1956年)12月、試験が始りました。

 

石運びの原画の続き15枚以上を、8時間以内に描き上げます。

 

受験者は、なつを含めて5名です。

 

なつは、6ヶ月間学んできた4名と、同じ条件で受験をすることになりました。

 

なつは、隣の受験生が驚くほど、黙々と動画を描いていきました。

 

なつぞら あらすじ第59話の感想まとめ

なつぞら あらすじ第59話の感想まとめです。

 

なつの試験が始りましたね。

 

なつ以外は、6ヶ月の研修期間の最終試験です。

 

2ヵ月ごとの試験に合格してきた人が、受ける最終試験ですから、いきなりハードルが高いですね。

 

これだけでも、なつにとっては、大きなハンディです。

 

しかも、デッサン力や線のキレイさがテストされます。

 

これも、なつの弱点です。

 

いつも絵が下手で、線も汚いと言われていました。

 

魂を込めるのは、なつは得意ですが、絵の基本を採点されると、ちょっと辛いですね。

 

なつは、勢いよく描いていますが、出来上がりは、どうなのでしょう。

 

不安もありますね。

 

RECOMMEND
人気記事