なつぞら 136話あらすじです。

 

なつは、雪月に行き、天陽の描いた包装紙を見ました。

 

そこには、なつの小さな姿が描かれていました。

 

天陽が、この絵に込めた意味を、なつは知ります。

 

そして、なつは、大草原の絵を描き始めました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第136話 天陽、包装紙になつの想いを込める

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、優と共に雪月を訪れました。

 

雪次郎が、雪月ロールやシュークリーム、「おバタサンド」を出してくれました。

 

優が、「おバタサンド」を美味しいと言うと、雪次郎の息子・雪見(嶺岸 煌桜)は、ホッとしました。

 

妙子(仙道 敦子)は、なつの笑う姿を見て、安心しました。

 

天陽は、ビックリするくらい、ちゃんといたといた。

 

今でも変わらずに、いるような気がすると、なつは言いました。

 

雪次郎も、天陽がいなくなったとは、思えませんでした。

 

とよ(高畑 淳子)も、元気で現れ、いつもの雪月にょうに、賑やかになりました。

 

雪之助(安田 顕)が、なつに見せたいものがあると、言いました。

 

天陽が亡くなる前に頼んでいた、雪月の包装紙のデザインでした。

 

牧場と草原の絵です。

 

牧場を望む岡には、少女が立っていました。

 

それを見たなつの頬に、大粒の涙が流れました。

 

雪之助が、絵を見たとき、この少女は、なつかと聞きました。

 

天陽が、答えました。

 

なつみたいな人が、十勝や北海道には沢山いる。

 

自然に開拓者精神を受け継いで、逞しく生きている人が。

 

俺の十勝も、そういうなつから始った。

 

そんな出会いを、雪月のお菓子に込めたい。

 

もし、なつが何かに挫けそうになったら、この絵でお菓子を包んで、送ってあげてください。

 

雪月のお菓子が、沢山の人を喜ばせるように、今のなつも、沢山の人を喜ばせないといけない。

 

きっと、それを感じてくれるでしょう。

 

天陽は、雪之助に、そう語りました。

 

天陽は、なつと同じように、子供の頃の想いを、ずっと大切にしていたのでした。

 

とよが、天陽の包装紙で包んだお菓子を、なつのお土産として渡しました。

 

なっちゃん、残されたものは辛いけど、その分強くなれる。

 

ならねば、先に逝った者に恥ずかしいからね。

 

大切な思い出に恥ずかしくないように、生きなければ。

 

と、とよが、なつに言いました。

 

 

優、「大草原の小さな家」を見たい

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、柴田家に戻りました。

 

そこには、弥市郎(中原 丈雄)が、来ていました。

 

天陽の人生には、長いも短いもない。

 

ただそこにあるだけだ。

 

それは、なんと美しいことか。

 

天陽は、天陽の作品そのものになった。

 

羨ましいと思う。

 

俺は、天陽になり損ねて、生きているだけだ。

 

と、弥市郎が、語りました。

 

天陽は、家族にとって作品のように、永遠に生き続けると、教えたくて病院を抜け出したのかもしれません。

 

悲しみが、大きい分だけ、家族には大きな幸せも残るのえではないのか。

 

泰樹が、なつは大丈夫かと聞きました。

 

大丈夫。やっぱり、天陽くんは凄い。

 

こうして、今でも皆の中に生きている。

 

きっと、それが天陽くんの答えだね。

 

と、なつが言いました。

 

なつは、優を寝かしつけるのに、「大草原の小さな家」を読んで聞かせました。

 

眠った優を見て、なつは起き上がり、机に向かいました。

 

机の上には、天陽の描いた包装紙がありました。

 

なつは、遅くまで絵を描きました。

 

朝になり、優がなつをい起こします。

 

ママ凄いと、優が驚いています。

 

優は、なつが描いた「大草原の小さな家」のスケッチブックを広げていました。

 

優ちゃん、これを見たいよ、ママ。

 

なつは、優の言葉を聞きニッコリと笑いました。

 

そして、大急ぎで東京に電話をしました。

 

なつぞら 136話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 136話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、雪月に行き、天陽の絵を見て、話を聞きましたね。

 

子供のなつが、草原の岡に立っていました。

 

天陽は、なつに、多くの人を喜ばせなければいけないと、語っていたことを知りました。

 

そして、なつが描いた絵を見て、優が、このアニメを見たいといいました。

 

なつは、アニメーターを続けるのか悩んでいました。

 

しかし、どうやら、なつの答えが出たようです。

 

天陽に導かれ、優に背中を押されましたね。

 

坂場に、「大草原の小さな家」を描くと伝えるのでしょう。

 

多くの子供達に、夢と希望を与えるのでしょう。

 

きっと。。。

 

RECOMMEND
人気記事