なつぞら 155話あらすじです。

 

十勝が、嵐の被害を受けました。

 

停電となり、搾乳作業ができません。

 

放っておけば、牛が乳房炎になります。

 

その時、泰樹が、手搾りで牛を救えと指示をします。

 

皆で手分けして、牧場を守れと叫びました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第155話 泰樹、牧場の危機を救う

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

柴田家では、照男(清原 翔)と剛男(藤木 直人)が、話し合っています。

 

古い牛舎を立替え、もっと大きくします。

 

さらに、パイプラインミルカーを導入して、一番新しい方式にしようと考えています。

 

ところが、外は、雨がだんだん本降りになり、雷も鳴り出しました。

 

泰樹は、心配そうに外を眺めました。

 

昭和50年(1975年)8月、十勝は、冷害・水害に見舞われました。

 

照男は、設備投資すれば、重い牛乳を運ぶ必要もなくなり、牛も増やせると考えています。

 

その為には、融資を受けないといけません。

 

泰樹の作った牧場を、十勝一にする、日本一にするのが、照男の役目だと語りました。

 

しかし、投資を回収する為に規模を増やしていけば、終わりが見えなくなります。

 

照男の好きにすればいい。これは、照男の開拓だ。と、泰樹は言いました。

 

その夜は、嵐になりました。

 

泰樹が目を覚ますと、停電していました。

 

電気がないと、搾乳も出来ないし、搾った牛乳を冷やすことも出来ません。

 

搾乳は、昼ごろまでしなくても、大丈夫だろうと、照男が言います。

 

しかし、柴田牧場では、昼まで搾乳をな延ばしたことは、ありません。

 

照男が、発電機を借りると、電話をかけました。

 

しかし、どこも借りられる発電機は、見つかりません。

 

牛が鳴いていると、泰樹が言い出しました。

 

すぐ牛舎へ行け!牛を放っておくな!

 

手で、搾るんじゃ!

 

牛は、乳を搾らなかったら、乳房炎になります。

 

牛を助けるんじゃ。行け!

 

手の空いているものは、皆でかかれ!

 

と、泰樹が大声で、指示をしました。

 

泰樹は、昔の元気な泰樹に変わりました。

 

なつも着替えて、搾乳の準備をします。

 

泰樹は雨の中、小走りで牛舎に向いました。

 

夕見子は、富士子に教わり、搾乳をします。

 

坂場は、搾った牛乳を運びます。

 

照男は、搾った牛乳を冷やす為に、アイスクリーム屋を壊し、昔使っていた水槽を復活させます。

 

泰樹も、昔のように搾乳をしました。

 

皆で、それぞれできることを懸命に実行しました。

 

 

なつと泰樹、天陽の畑を救う

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

搾乳が終わりました。

 

乳房炎になった牛は、一頭もいません。

 

よくやった、照男。

 

一番大事なことは、働くことでも、稼ぐことでもない。

 

牛と、生きることじゃ。

 

と、泰樹が言いました。

 

嵐が去った翌日、なつは泰樹と天陽の畑へ行きました。

 

畑は、水害に見舞われました。

 

靖枝(大原 櫻子)は、二人の子供と共に、荒らされた畑から、ジャガイモを収穫しています。

 

両親は、家を片付けていました。

 

天陽のアトリエも水が入りました。

 

しかし、天陽の遺作の馬の絵は、雨にも濡れず無事でした。

 

なつと泰樹は、ジャガイモの収穫を手伝いました。

 

靖枝は、天陽も喜んでいると、お礼を言いました。

 

天陽の畑は、昔荒地だったところを、なつの願いで、泰樹が開墾した畑でした。

 

なつは、泰樹から、また、大事なものを受け継いだ気がしました。

 

なつぞら 155話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 155話あらすじ感想のまとめです。

 

十勝が、嵐になりましたね。

 

牧場を機械化するのは良いことですが、電気が使えなくなると、何も出来なくなります。

 

手搾りの搾乳、井戸水で牛乳を冷やす、原始的ですが、原点に勝るものはないのです。

 

牛乳が出荷できないのは仕方がないですが、牛が病気になるのは困ります。

 

照男が進める近代化は、もちろん良いのですが、簡単に動かなくなることも、考慮する必要があります。

 

なんだか、難しいですね。

 

さてさて、もう最終回です。

 

どう締めくくるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事