なつぞら 128話あらすじです。

 

なつは、優を茜に預けることにしました。

 

神地から電話があり、茜が預かることを決心したからです。

 

なつは、優を預けて、作画監督の仕事が、スタートしました。

 

幾ら仕事をしても、時間が足りません。

 

なつは、夜遅くになって、優を迎えに行きました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第128話 優を茜に預ける

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつの家に、下山の家族がやって来ました。

 

優は、赤ちゃんどうしの明子と、仲良く遊びます。

 

麻子が、茜に育児ママ募集のビラを見せ、心当たりを尋ねました。

 

それなら、私はどう?

 

と、茜が聞きました。

 

明子と優は仲良しです。

 

でも、茜は自分の子供の育児しか、経験がありません。

 

もし、なつが、それで安心できるならと、茜が言いました。

 

なつは、茜が預かってくれるなら、一番安心できます。

 

実は、神地から茜に電話がありました。

 

神地は、なつを助けられないかと、茜に相談しました。

 

神地は、子供が出来ても、なつが働けるよう、背中を押したので、責任を感じていました。

 

更に、坂場をくすぶらせていたら、日本のアニメーションにとって、損失だとも、神地は言いました。

 

それで、茜は下山と話し合い、なつの子供を預かることを決めました。

 

なつと坂場は、下山と茜に礼を言いました。

 

茜と下山は、一緒に頑張ろうと言いました。

 

それから、4月になり、優を茜に預ける日が来ました。

 

なつと坂場は、優と優の身の回りの品々を持って、茜のアパートに行きました。

 

優は、状況が分かるのか、なつから離れようとしません。

 

なつも、なかなか優を離せません。

 

茜は、スッと消えたほうがいいよと、アドバイスします。

 

なつが、優を茜に渡すと、優がぐずり出しました。

 

優は、なつを後追いして泣き出しました。

 

なつも出掛けられません。すぐに、優を抱き上げます。

 

なつが、頑張らないと、と茜が言いました。

 

 

なつ、作画監督と子育てを頑張る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、断腸の思いで、優を茜に託しました。

 

外に出たなつは、悲しさのあまり、立ち止まってしまいます。

 

そんななつを、何時までだって待つよと、坂場が寄り添いました。

 

なつは、吹っ切るように、歩み出しました。

 

なつは出社し、作画監督が、スタートしました。

 

同じく、坂場もマコプロダクションの仕事が、始まりました。

 

早速、「三代目カポネ」を、明るくして欲しいと要望されました。

 

主人公の三代目は、根が善人なので、ひょうきんにしたらいい。

 

ハードボイルドを意識しすぎず、もっと抜けていた方がいい。

 

そして、愉快なストーリーを増やしていけばいい。

 

と、坂場が提案しました。

 

なつは、作画監督として、みんなに企画の説明をしました。

 

なつは、劇画タッチの絵を披露しました。

 

なつの原画は、原作よりもカッコイイと評価されました。

 

作画に入ると、なつの机には、チェック待ちの絵が、山積みとなりました。

 

また、みんなから、チョッとしたアドバイスも求められました。

 

7時になり、なつが帰ろうとすると、作画の確認を求められました。

 

結局、優を迎えに行ったのは、8時を過ぎていました。

 

茜のアパートに着くと、優は、ぐっすりと眠っていました。

 

なつは、仕事が終わらなかったので、持って帰りました。

 

家に帰ると、優が目を覚まし、泣き出しました。

 

なつがあやすと、優は泣きながら眠りました。

 

なつぞら 128話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 128話あらすじ感想のまとめです。

 

なつの作画監督と、坂場の演出が、始りましたね。

 

二人の仕事は、時間があって、ないようなもので、終わりがありません。

 

そんな中、なつは、よく頑張っています。

 

それにしても、優の演技力は、天才的です。

 

優は、なつを演じる広瀬 すずさんに、なついているのか、名演技を見せました。

 

なつが、優を茜に渡すと、なつを見て泣き出します。

 

なつが抱くと、なつにしがみ付き、泣き止みました。

 

また、夜遅くなったときも、優は、なつの顔を見つめて、泣き寝入りしました。

 

まるで、本当の母子そのものでした。

 

赤ちゃんですから、演技はないでしょうが、とても良い心温まるシーンでしたね。

 

RECOMMEND
人気記事