なつぞら 147話あらすじです。

 

なつ達は、「杉の子」で、千遥の天丼に感動しました。

 

千遥が料理をするのを見て、天丼は、母の味だと分かりました。

 

なつは、お店から帰る時、千遥にそっと手紙を渡しました。

 

千遥が見たその手紙は、亡くなった父からの遺書でした。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第147話 千遥、父からの手紙を読む

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつや咲太郎達は、千遥の料理屋「杉の子」へ行きました。

 

なつは、天丼が父親の味だと思っていました。

 

しかし、父が揚げた天ぷらを、母がダシをとり、ツユを作って、天丼にしていたことを、思い出しました。

 

「杉の子」の女将・千遥が、天丼を作っていた母に似ていたから、なつは、思い出したのです。

 

食事が終わり、帰ることになりました。

 

なつは、誰にも気付かれないように、そっと千遥に封筒を渡しました。

 

皆が帰った後、色々あったようだけど、変な人たちでしたねと、板前が言いました。

 

千遥は、仕事が終わり部屋で、なつが渡した封筒を開けました。

 

それは、父が戦争で亡くなる前に書いた、家族への手紙でした。

 

「咲太郎、なつ、千遥、この手紙を受け取った時には、もうこの世にはいない。

 

だけど、今も一緒にいる。だがら、悲しむな。

 

やっと、父さんは、お前たちの傍に戻れたんだ。

 

今、一緒にいるんだ。

 

千遥よ、ただいま。」

 

手紙の中には、父が描いた、家族の絵がありました。

 

小さな千遥は、母に抱かれていました。

 

千遥は、父からの手紙を見て、大粒の涙を流しました。

 

次の日は日曜日で、「大草原の少女ソラ」が、放送されました。

 

千遥と千夏は、テレビを見ています。

 

レイが、父さんに、乳搾りを教えてもらっています。

 

ソラは、レイが上手になったのを見て、喜びました。

 

千遥は、柴田牧場で、泰樹に教わり、同じように乳搾りをしたことを、思い出していました。

 

私も乳搾り、やってみたいな。と、千夏が、乳を搾る手マネをしました。

 

なつの家でも、ソラを見ていました。

 

優が、私も、乳搾りをやってみたい。と言いました。

 

今度、北海道に行ったら、教えてあげると、なつが言いました。

 

千遥は、何故料理人になったのか分からないが、立派な料理人でした。

 

あの店で、誇りを持って料理していることだけは、良く分かった。

 

それだけで、安心できた。

 

なつは、坂場に昨夜の様子を伝えました。

 

 

なつ、目玉焼きのシーンに苦労する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、相変らず、「大草原の少女ソラ」の制作に追われています。

 

手が回らない原画は、外注に出します。

 

そして、戻ってきた原画を、坂場と手分けしてチェックします。

 

坂場は、母が卵を割って料理するシーンを、描き直してと、なつに頼みました。

 

卵が、美味しそうに見えないのです。

 

麻子は、外注した原画を修正していたら、間に合わないと言いました。

 

これは、開拓者にとって、やっと鶏が産んだ卵です。

 

ソラとレイも楽しみに、待っていました。

 

その卵を料理する、大事なシーンです。

 

でも、卵です。アニメで描くのは、とても困難です。

 

神地が、実際に目玉焼きを作ります。

 

なつは、その様子を見つめて、描きます。

 

何度も目玉焼きを作りますが、思うように描けません。

 

卵が焼き上がる、色の変化に、視点を変えました。

 

彩色担当の桃代も、検討に加わりました。

 

目玉焼きが沢山出来て、皆が集まって来ました。

 

そろそろ、おなかも空いてきたのです。

 

目玉焼きが出来上がる美味しそうな匂いを、下山が、思いっきり嗅ぎました。

 

なつは、そんな下山の表情を見て、ピーンと閃きました。

 

アッ、それが足りなかったんんだ。匂いの表現です。

 

テレビを見ている子供達にも、一緒に匂いを感じてもらうことにしました。

 

それから、3週間後です。

 

麻子が、段ボール箱を抱えて、嬉しそうにテレビ局から戻って来ました。

 

中味は、視聴者からの手紙でいっぱいでした。

 

目玉焼きのシーンを見て、子供たちが、卵を食べたくなったと、書いてありました。

 

「杉の子」では、千遥が玉子焼きを焼いています。

 

すると、千夏が、ソラのマネをして、匂いを嗅ぎました。

 

あれ描いたの、ママのお友達かなと、千夏が言いました。

 

その夜、千遥は、箪笥から十勝で着た、なつのシャツを出し、ジッと見つめました。

 

次の日、お店に千遥の義母・杉山 雅子(浅茅 陽子)がやって来ました。

 

清二は、帰って来ているのと聞きました。

 

「杉の子」は、清二の店でした。

 

千遥は、もう私のところには、戻らないと思います。

 

お話したいことが、あります。

 

清二さんとも、きちんと話をさせてください。と言いました。

 

雅子は、別れたいってこと、と聞きました。

 

それから、マコプロに、千夏がやって来ました。

 

なつが出ると、その後に、千遥も姿を見せました。

 

千遥は、何か決意をしたようでした。

 

なつぞら 147話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 147話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、千遥に父親の手紙を渡しましたね。

 

千遥は、まだ小さかったので、あまり記憶はないのかもしれません。

 

でも、父の手紙に、今の心境を重ねたようです。

 

千遥の夫は、家に帰って来ません。

 

離婚の決意をしたようですが、千夏も千遥と同じような境遇になります。

 

しかも、お店で働くことも、出来なくなります。

 

母子二人で生活するのは、厳しいです。

 

でも、なつの開拓者の生き方を思ったのでしょうか。

 

どんな話し合いになるのか、気になりますね。

 

RECOMMEND
人気記事