なつぞら 149話あらすじです。

 

千遥の離婚協議が、行われました。

 

なつと咲太郎も、出席しました。

 

千遥に兄や姉がいたこと、両親が亡くなっていたこと、浮浪児だったことを、告白しました。

 

そして、嘘をついていたことを謝りました。

 

義母の雅子は、千夏は大事な孫、これからどう育てていくのか、厳しく問いました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第149話 千遥の離婚協議

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、柴田家に電話をし、剛男に千遥のことを伝えました。

 

富士子と砂良は、夕見子を交えて、牧場で作るアイスクリームについて、考えていました。

 

普通のミルクとイチゴミルク、アズキミルクを作る予定です。

 

富士子は、雪月で作っている小豆のアイスの材料を聞きました。

 

夕見子は、それは企業ヒミツと言って、教えませんでした。

 

そこへ剛男がやって来て、なつの電話の話をしました。

 

千遥が、離婚すると言う、内容です。

 

剛男は、千遥の話を見届ける為に、東京へ行くと言いました。

 

剛男は、なつ達兄妹には、責任があると思っていました。

 

そして、東京では、なつと咲太郎が、千遥の話し合いの場へ向いました。

 

場所は、料理屋「杉の子」です。

 

お店では、千遥と育ての母の置屋の女将・光山 なほ子(原 日出子)が、待っていました。

 

なほ子は、千遥が結婚する時、昔の家族と縁を切るように言いました。

 

そのことを、恨んでいないのかと、聞きました。

 

それも、千遥を思ってのこと。

 

なほ子に出会えて、千遥が救われたのだと、なつと咲太郎は、感謝しました。

 

なほ子は、嘘から始ったことが、離婚に繋がったと、後悔しました。

 

その時、千遥の義母の杉山 雅子(浅茅 陽子)と、千遥の夫の清二(渡辺 大)が、やって来ました。

 

なつと咲太郎は、千遥の姉と兄だと、挨拶をしました。

 

これは、一体どういう事なんですと、雅子が驚きました。

 

千遥は、申し訳ありませんと、謝りました。

 

父は戦争で、母は空襲で亡くなったことを話しました。

 

その後、子供達だけで暮らしていました。

 

浮浪児だったのと、雅子が言いました。

 

千遥は、5歳で親戚に預けられますが、苛められ6歳の時、家出をしました。

 

そして、知らない復員兵に、置屋に連れて行かれました。

 

それから、なほ子が、千遥を養子にして育てました。

 

雅子は、息子が結婚をする時、千遥が置屋に売られたことを調べて、知っていました。

 

雅子は、反対をしたが、親方(義父)が気にするなと言ったので、結婚できることになりました。

 

千遥を一番可愛がっていたのは、親方でした。

 

 

千遥m離婚後も料理屋を続ける

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

この店を潰しても、いいんですかと、雅子が聞きました。

 

はい。養育費も、なにも要りません。

 

千夏といられたら、それだけでいいんです。と、千遥が、答えました。

 

そうは、行きませんよ。

 

千夏は、大事な孫ですからね。

 

ここを出て、どうやって育てるの。

 

と、雅子が言いました。

 

私たちが、います。家族が、います。

 

千遥から、千夏を奪わないで下さい。

 

これからは、家族が支えていきます。

 

と、なつが言いました。

 

戦争で亡くなった父は、料理人でした。

 

日本橋で、小さな料理屋をしていました。

 

その前は、浅草の料亭で修行し、働いていた女性と、結婚しました。

 

独立し、小さな料亭で、家族は幸せに暮らしていました。

 

その店を再建し、千遥に継がせたい。

 

と、咲太郎が言いました。

 

亡くなった親方も、若い頃、浅草の料亭で修行をしていました。

 

もしかしたら、その頃から、親方との縁があったのかもしれません。

 

あなた達の気持ちは、よく分かりました。

 

夫婦の関係は、こっちが悪いのでしょうから、離婚は認めます。

 

と、雅子が言いました。

 

だけど、この店は、千遥がいないと、やっていけません。

 

この店の味は、千遥の味なのでした。

 

千遥は、親方が見込んだ料理人です。

 

雅子は、親方が残した店を続けたいと思っています。

 

離婚しても、この店は、やってもらえないかしら。

 

この店は、千遥が受け継いで。千夏もここなら、安心して暮らせるでしょ。

 

と、雅子が言いました。

 

話し合いが終わった後、千遥は、なつと咲太郎に、感謝をしました。

 

亡くなった父と、親方は、同じ料亭で修行し、同じダシの作り方を覚えたた。

 

だから、千遥は、同じ天丼を作れたと、咲太郎が言いました。

 

その時、剛男は、北海道から、「杉の子」へやって来ました。

 

玄関で、学校から帰ってきた千夏と、出会いました。

 

なつぞら 149話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 149話あらすじ感想のまとめです。

 

千遥の離婚の話し合いが、行われましたね。

 

さすがに、料亭の女将は、筋が通っています。

 

親方が、料理人として認めた千遥に、「杉の子」を継がせるのが、一番いいと決めました。

 

きっと清二は、「髪結いの亭主」と同じで、職人のようによく働く千遥に、甘えていたのかもしれません。

 

でも、また料理屋が続けられ、生活も安定し、よかったです。

 

これからは、兄妹三人が、仲良くできます。

 

でも、一件落着した頃にやって来た剛男は、どうするのでしょう。

 

このままだと、また、富士子から叱られそうですが。。。

 

RECOMMEND
人気記事