なつぞら 86話あらすじです。

 

なつと咲太郎は、東京に戻ってきました。

 

亜矢実は、なつと咲太郎を心配し、慰めるように話します。

 

なつは、宿題の短編映画の企画書を仕上げました。

 

下山達に、なつのアイデアを提案します。

 

坂場は、なつの企画に同意しました。

 

そして、なつの部屋を訪れた坂場は、ある相談をしました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第86話 なつ、短編映画の企画を提案

なつぞら なつ、企画を提案する引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつと咲太郎は、新宿に戻ってきました。

 

二人は、亜矢実に心配をさせないよう、元気よく帰りました。

 

亜矢実は、千遥の話を聞き、手紙を読みます。

 

なつや咲太郎のことを心配して、千遥は、詳しいことを明かさなかったのだと、亜矢実は言いました。

 

なつは、そんな結婚をして幸せだろうかと思います。

 

自分で決めたことなら、やっていける。

 

どうしてもダメなときでも、千遥には、北海道があると、亜矢実が言いました。

 

なつは、なんとなく安心しました。

 

なつは、短編映画の企画に、「ヘンゼルとグレーテル」を、考えています。

 

なつは、夕見子が言った童話の話しを思い出しながら、企画書を書きました。

 

翌日出社したなつは、麻子から企画のアイデアを催促されました。

 

なつが休んでいる間、麻子と坂場で企画を話し合いましたが、考え方が違うので、まとまらなかったのです。

 

なつは、「ヘンゼルとグレーテル」を原作にすることを提案しました。

 

なつは、生き別れになった千遥のことを話しました。

 

兄妹3人は、戦災孤児だが、今までいろんな人に助けられ、生きてきました。

 

ヘンゼルとグレーテルは、森の奥に捨てられ、魔女に捕まります。

 

しかし、2人は、生きることを諦めませんでした。

 

そういう、困難と闘っていく子供の冒険を描きたい。

 

なつは、企画の考え方を話りました。

 

坂場は、なつの案ですすめようと言います。

 

しかし、脚本家は、いらないと坂場は考えています。

 

麻子は、坂場の考え方に反対します。

 

坂場は、最初から話を決める必要はないと、言いました。

 

 

坂場、なつの部屋で相談をする

なつぞら なつ、坂場と相談をする引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

テーマが、ヘンゼルとグレーテルに決まった後、なつは、桃代と昼食を食べました。

 

なつは、坂場は何を言い出すか分からないが、いると安心すると、話しました。

 

もしかして、好きになったのと、桃代が言いました。

 

なつは、何もないと、否定しました。

 

その夜、坂場は、風車を探して、行きました。

 

坂場が店に入り、なつに会いたいと、亜矢実に伝えました。

 

すると、店にいたお客が一斉に、なつを呼びました。

 

坂場は、企画書を書いているので、相談したいと言いました。

 

なつは、坂場を部屋に案内します。

 

坂場は、千遥の写真と、絵にに気付きます。

 

なつは、訳があって、千遥には会えなかったことを話しました。

 

坂場は、千遥も絵を描くことに、驚きました。

 

絵は、なつ達兄妹にとって、ヘンゼルとグレーテルが落としていったパンだと言いました。

 

坂場は、あらすじを相談したいと言います。

 

ヘンゼルは、魔女に食べられそうになります。

 

その時、グレーテルが、魔女をカマドに突き落とします。

 

それで、いいのかと、坂場は言いました。

 

なつも、そこに一番引っかかっていました。

 

そんな残酷な結末を、子供に見せたくありません。

 

なつは、魔女から逃げたらどうかと言いました。

 

魔女が追ってきたら、どうします。

 

魔女とは、子供たちの自由や未来を奪う社会の理不尽さの象徴です。

 

逃げても追ってくる社会の理不尽と、どう戦うか。

 

今、君の話を聞いて確信しました。

 

これは、君が作るべき作品です。

 

そのために、僕が必ずこの企画を通します。

 

そう言って、坂場は、帰って行きました。

 

なつぞら 86話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 86話あらすじ感想のまとめです。

 

なつの企画が採用されましたね。

 

まだ、案の段階ですから、実際に決まったワケではありません。

 

あらすじを考え、脚本が出来ないと、決定しません。

 

麻子は、脚本家に脚本を書いて貰って、原画を描くと、考えています。

 

しかし、坂場は、自分たちで脚本を書いて、原画を描くと、思っています。

 

なつも、坂場とほぼ同じ考えですね。

 

坂場の鋭い突っ込みで、なつのアイデアも具体的になりそうです。

 

それをまとめると、脚本になりそうですね。

 

どんなストーリーが、出来上がるのでしょうか。

 

なつと坂場のやり取りは、深まるのでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事