なつぞら 129話あらすじです。

 

なつの仕事中、優に熱があると、茜から連絡がありました。

 

しかし、なつは、駆けつけることができません。

 

坂場も仕事で連絡ができません。

 

なつは、咲太郎に頼むことにしました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第129話 優が熱を出す

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつの職場に、茜から電話がかかりました。

 

優に、少し熱があると茜が伝えます。

 

優は、朝から機嫌が悪く、なつも心配していました。

 

なつは、早く帰りたいところですが、仕事を抜けることも出来ません。

 

坂場に電話をしますが、坂場は外出していて、連絡が取れませんでした

 

その夜、なつは、急いで家に帰りましたが、いつもより少し早いだけでした。

 

なつの家では、咲太郎が、優の看病をしていました。

 

優は、風邪を引いていて、薬を飲んで寝ていました。

 

優のことは、ちゃんと見ているのかと、咲太郎が聞きました。

 

朝から、優の調子が悪かったのを知っていただろう。

 

次に同じことがあっても、茜に預けるのか。

 

と、咲太郎が責めました。

 

そんなことは、分かっているから、いちいち言わないでと、なつが反発しました。

 

咲太郎は、こんなに可愛い優と、いつも一緒にいられないなつが、可哀そうでした。

 

咲太郎は、優を見て、生まれた頃の千遥に似ていると、言いました。

 

そして、優は、俺も一緒に守るからと、励ましました。

 

咲太郎が帰ると、入れ違いに坂場が戻って来ました。

 

明日から、坂場が家で仕事をしながら、優の看病をします。

 

なつは、作画監督を引き受けたことを後悔しました。

 

子供が、風邪を引くなんて、当たり前のことだ。

 

そんなことで動揺していたら、子供なんか育てられない。

 

二人で、何とかすればいいんだ。

 

優と三人で、頑張ろうと、坂場が、なつと優を抱きしめました。

 

なつは、坂場が咲太郎から、何か言われたのだと思いました。

 

 

優が4歳になり保育園に通う

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

夫婦の努力と、みんなの思いやりで、優はすぐに元気を取り戻しました。

 

そして、優は、大きな病気もせずに、すくすくと育っていきました。

 

なつも、自分らしく働く母として、育っていきました。

 

それから、3年が過ぎ、昭和47年(1972年)9月になりました。

 

優(増田 光桜)は、4歳です。

 

優は、3歳から保育園に通っています。

 

保育園は、夕方の6時までです。

 

なつが遅くなる時は、茜が迎えに来ています。

 

今日も、なつが急いで帰宅しようとすると、カットのチェックを頼まれました。

 

なつは、家に持って帰ることにしました。

 

なつは、家に帰り、カットの修正をします。

 

優が、寝る前に絵本を読んでと、言いました。

 

優を寝かしつけたまま、なつも眠りました。

 

朝起きると、優が、何かを描いています。

 

昨夜、なつが修正した絵に、優が勝手に描いていました。

 

なつぞら 129話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 129話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、激務を続けながらの育児に、悩みますね。

 

でも、何とか大きな病気もなく、優を育てることが出来ました。

 

ゆうは、3歳から保育園に入れたので、幾分楽になりました。

 

なつの帰りが遅い時は、茜の家で待っています。

 

優は、茜の家から帰る時、夜の公園で遊ぼうと言いました。

 

なつが、仕事があるから帰ろうと言うと、優は寂しそうでした。

 

やはり、自分の母親と遊ぶ時間が欲しいのです。

 

おそらく、なつは、休みも少ないし、たまの休みも忙しいのでしょうね。

 

優は、なつが修正した絵に、手を加えました。

 

母親と同じ空間で、遊びたのかもしれませんね。

 

RECOMMEND
人気記事