なつぞら 113話あらすじです。

 

雪次郎は、親しい人を雪月に集めました。

 

まず、新作のお菓子をお披露目しました。

 

試食の結果は上々で、雪之助から合格をもらいました。

 

更に、雪次郎は、みんなを集めた本当の目的を発表しました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第113話 雪次郎の新作「おバタ餡サンド」

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

雪次郎は、なつ達を雪月に、呼び集めました。

 

そして、雪次郎が考えた、新しいお菓子を披露しました。

 

これが俺の新しい魂です。と、お菓子を出しました。

 

それは、バター煎餅のようで、間に何かを挟んでしました。

 

挟んでいるものは、バターと餡子を混ぜ合わしたものです。

 

名付けて「おバタ餡(あん)サンド」です。

 

おバタは、小畑とバターをかけています。

 

餡は、餡子(あんこ)のことで、それを挟んでいるからサンドとなります。

 

みんなで、「おバタ餡サンド」を試食しました。

 

すると、口々に、美味しいと言い出しました。

 

いつも辛口の意見の夕見子も、美味しいと褒めました。

 

雪次郎は、やったと喜びました。

 

倉田先生は、なつや天陽にも負けない、雪次郎の魂だと、賞賛しました。

 

雪之助や妙子、とよも試食しました。

 

雪之助は、こしあんも試したのか、と聞きました。

 

こしあんは、バタークリームと馴染み過ぎる。

 

粒あんが6、バタークリームが4、の割合が一番良かった。

 

それに、一番相性の良かった焼き塩を、隠し味に使った。と、雪次郎が、説明しました。

 

初めて、雪次郎に先を越されたと、雪次郎が評価しました。

 

目出度く、「おバタ餡サンド」は、雪月の新商品と認められました。

 

雪次郎は、「おバタ餡サンド」のバターには、夕見子の工場のバターを使うと、言いました。

 

夕見子の作るバターが、雪月のお菓子になります。

 

これは、もう夕見子と雪月が、くっ付くのと同じです。

 

夕見子と雪月が、結ばれる運命だと言っても過言ではないと、雪次郎が、長々と説明しました。

 

雪次郎は、改めて、言いたいことを言いました。

 

「夕見子ちゃん、俺と結婚してくれ。」

 

 

雪次郎が夕見子にプロポーズ

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

突然の雪治朗の告白に、夕見子も皆も驚きました。

 

雪次郎が、皆を集めたのは、夕見子にプロポーズするためでした。

 

夕見子が、逃げ出そうとします。

 

こうなったら、逃げる訳にはいかない。と、なつが引き止めました。

 

本当に私でいいのと、夕見子が言いました。

 

とよは、駆け落ちしたことなど、気にしなくてもいいと、言いました。

 

結婚に必要なものは、資格ではない。覚悟だ。と、倉田先生が、言いました。

 

俺にはある。昔から夕見子が好きだ。今は、もっと好きだ。と、雪次郎が言いました。

 

夕見子は、もし結婚するとしたら、雪次郎しかいないと、思っていました。

 

それを聞いて、雪次郎は大喜びしました。

 

そして、集まった皆は、二人を祝福しました。

 

とよが、一つだけ問題がある。泰樹と親戚なる。と、慌てました。

 

坂場は、とよと泰樹は、仲が悪いのかと、聞きました。

 

なつは、性格がピッタリと、似過ぎているの、と教えました。

 

それから、雪次郎が柴田家を訪れました。

 

夕見子さんを、僕にくださいと、お願いしました。

 

こんな短い間に、同じことが二度もあって、柴田の家族は、ビックリしました。

 

夕見子は、いつの間にか、そういう覚悟ができていた。

 

結婚は、やってみないと分からない。

 

と、夕見子らしく言いました。

 

そんな夕見子に合う男性は、多くいません。

 

富士子も剛男も承諾しました。

 

なつは、泰樹の意見を聞きました。

 

泰樹は、雪治朗の「おバタ餡サンド」を一口食べて、「美味いなこれ。」と、言いました。

 

雪次郎は、泰樹も承諾したと、喜びました。

 

一つだけ問題がある。とよと、親戚になると、泰樹が言いました。

 

なつが言ったように、とよと泰樹は、ピッタリ同じことを言いました。

 

坂場は、驚いてしまいました。

 

坂場が、結婚式を十勝で一緒に挙げましょうと、提案しました。

 

夕見子も、坂場の提案に大賛成っしました。

 

なつぞら 113話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 113話あらすじ感想のまとめです。

 

雪治朗のお披露目は、お菓子だけではなかったですね。

 

もちろん、新作のお菓子「おバタ餡サンド」も素晴らしく美味しかったのでしょう。

 

観るだけでは、味は全く分かりませんが。。。

 

それよりも、もう1つのプロポーズが、メインでしょうか。

 

「おバタ餡サンド」は、小畑とバターをかけていましたが、雪次郎と夕見子も、かけていました。

 

仕事も結婚も合わせて、色々考えたのでしょう。

 

お菓子も夕見子も、みごとに勝ち取りましたね。

 

二組合同の結婚式、楽しみです。

 

RECOMMEND
人気記事