なつぞら 130話あらすじです。

 

優が、なつの動画に描き込みをしました。

 

優は、なつを手伝い、眠らせてあげたかったのです。

 

そんな優に、なつは、キックジャガーに、何と言いたいか、聞きました。

 

優の一言が、最終回を描くヒントになりました。

 

そんな時、優の預け先を変えることになりました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第130話 優の一言で最終回が決まる

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつが持ち帰った絵に、優が勝手に描き足していました。

 

どうしてこんなことをするの。ママの大事なお仕事でしょ。

 

なつは、驚いて優を叱りました。

 

ママのお仕事を、手伝いたかったの。

 

そしたら、ママが眠れるから。

 

ごめんなさい。ごめんなさい。と、優が泣き出しました。

 

いいの。こんなの何でもない。ママこそ怒ってごめんね。

 

なつは、優を抱きしめました。

 

坂場が、優の描いた絵を見せます。

 

なつが、捲って見ると、絵がチャンと動いていました。

 

優、あんたは天才だ。と、なつは、褒めました。

 

なつは、優の描いた絵を会社に持って行き、皆に見せました。

 

4歳でこれは凄いでしょ。天才かもしれない。と、自慢をします。

 

なつも、親バカになりました。

 

優の描いた絵は、一生の宝物として、大事に残しておくことにしました。

 

その時、制作部長の佐藤が、「キックジャガー」の最終回の話は、決まったのかと聞いて来ました。

 

まだ、最終回をどうするのか、決まっていません。

 

終わらせるには、最後にマスクを取って、正体を明かすしかありません。

 

一方、優は、茜と帰っていました。

 

茜が、ママは遅いから、一緒にご飯を食べようと、言うと、優は、茜の手を掴みました。

 

夕ご飯は、優はオムライス、明子は餃子をリクエストしました。

 

その頃、なつは、最終回の打ち合わせをしていました。

 

テレビでキックジャガーの正体がばれたら、もう子供達に会わない方がいいだろう。

 

キックジャガーは、子供達のヒーローだ。黙って去るほうが、カッコイイ。

 

など、意見がまとまりません。

 

なつは、家に帰り、優に聞きました。

 

ボロボロに疲れたキックジャガーに会ったら、何と言ってあげたいかと。

 

もういいよ。と、優が答えました。

 

なつは、優の言葉に、ハット気付きました。

 

 

優、家に帰らないと言い張る

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

次の日、なつは、会議で発表しました。

 

キックジャガーは、子供達に会いに行って、素顔をを明かす。

 

子供達は、キックジャガーに言います。

 

もういいよ。もう戦わなくて、いいよ。

 

キックジャガーは、その言葉を聞いて、もう一度、リングに向かいます。

 

今度は、素顔のままで、リグに上がります。

 

それが、この物語のラストカットです。

 

全員で、これで行くことに決まりました。

 

こうして、完成した「キックジャガー」は、大きな感動を呼びました。

 

優は、茜のアパートで、なつの帰りを待っています。

 

ところが、優は、明子と遊んでいる時、オモチャを蹴りました。

 

明子が、茜に抱きつくと、優も同じように、抱きつきました。

 

今日は、茜の体調が良くなかったのです。

 

なつは、家に戻り、茜が妊娠したことを坂場に告げました。

 

優は、もう茜に預けられなくなります。

 

なつは、次は、作画監督を辞める決心をしました。

 

なつと坂場が、優のことを相談しているとき、優は布団の中で、二人の会話を聞いていました。

 

それから、数日が経ちました。

 

なつは、優を迎えに、茜のアパートに行きました。

 

なつは、茜に優の預け先を探すと、伝えました。

 

優と会えなくなるのは、寂しいなと、茜が言いました。

 

優は、なつと茜の会話を聞いています。

 

なつが、優に帰ろうと言うと、優は帰らないと、首を振りました。

 

今日は、明子の誕生日なので、優も一緒に誕生会をすると言いました。

 

ママは、帰るよと、なつが言いました。

 

いいよ。茜さんと一緒にいる。茜さんと一緒がいい。

 

と、優は、茜にしがみ付き、離れようとしませんでした。

 

なつぞら 130話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 130話あらすじ感想のまとめです。

 

優の反抗期なんでしょうか。

 

優が、なつの言うことを聞かなくなりましたね。

 

家に帰らないと言います。

 

大人は、子供だから、何も分からないと、思いがちです。

 

でも、子供は、大人の態度や話をよくジッと見ています。

 

そして、子供なりに理解をし、解決したいと思っています。

 

親の役に立ちたいと、思っています。

 

優も、なつと坂場が、優の預け先をどうしようかと、話すのを聞いていました。

 

自分のことで、親を困らせたくないと、考えたのではないでしょうか。

 

なつをユックリ眠らせたいと、黙って仕事を手伝う優です。

 

駄々をこねるのも、優の優しさではないでしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事