なつぞら 125話あらすじです。

 

なつは、夜中に陣痛が来ます。

 

そして、元気な女児を出産しました。

 

名前は、泰樹が付けました。

 

なつと坂場は、育児の練習をします。

 

それから、あっと言う間に、6週間が過ぎました。

 

なつの職場復帰の日となりました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第125話 なつ、優を出産する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、夜中に陣痛が始りました。

 

今朝までの痛みと、全く違います。

 

富士子は、坂場に、病院や咲太郎に連絡をするよう指示しました。

 

なつは、病院の分娩室で頑張っています。

 

待合室では、坂場や咲太郎が、ウロウロしています。

 

なつは、高橋先生(田中 裕子)の指導で、陣痛に合わせて呼吸をっします。

 

柴田牧場で、子牛の出産の時も同じようにしていたのを、なつは思い出しました。

 

そして、痛みながら笑い出しました。

 

なつは、高橋先生の号令で、息を吐いたり力んだり、懸命に頑張りました。

 

なつは、力みながら、早く会いたいと、涙を流しました。

 

その時、待合室で待っている、坂場や富士子たちに、赤ちゃんの泣き声が聞こえました。

 

生まれた、生まれたと、みんなが笑顔になりまりました。

 

ご苦労さんと、泰樹がつぶやきました。

 

なつの横に、誕生したばかりの赤ちゃんが、添えられました。

 

元気な女の子ですと、高橋先生が言いました。

 

病室に戻り、坂場も早速、赤ちゃんを抱っこしました。

 

なつは、坂場と赤ちゃんの絵を描き始めました。

 

生まれたばかりの姿を、記録しておきたかったのです。

 

咲太郎は、女の子と男の子の名前を考えていました。

 

坂場は、なつでも咲太郎でもいいから、いい名前を付けてと、言いました。

 

すると、なつは、泰樹に名前を付けてと、お願いしました。

 

生まれて来た子にも、泰樹の夢を継がせたいと、なつは思いました。

 

泰樹は、なつが描いた赤ちゃんの絵を見ながら、名前を考えました。

 

名付け親を頼まれた泰樹は、東京に留まり、7日間も考えました。

 

なつと赤ちゃんが退院し、お七夜を迎えた日、泰樹が命名を発表しました。

 

赤ちゃんの名前は、「坂場 優(さかば ゆう)」です。

 

なつのように、優しい女の子になって欲しい。

 

わしの願いは、夢は、それだけだと、泰樹が言いました。

 

なつも坂場も、みんな喜びました。

 

翌日、泰樹と剛男は、北海道に帰って行きました。

 

 

なつ、優を置いて出勤する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、働き出したら、優に粉ミルクを飲ませるつもりです。

 

家にはいないので、母乳を与えることは、無理なのです。

 

優は、夜中に泣き出し、オムツを替えます。

 

富士子は、東京にいようか。

 

なつを一人にしておくのが心配だわと、言いました。

 

心配しないで。

 

これ以上、母さんに甘えたら、母さんみたいになれない。

 

私は、母さんみたいに、強く逞しく、なりたいの。

 

と、なつが言いました。

 

それから、1ヶ月が過ぎました。

 

富士子は、北海道に戻りました。

 

なつと坂場は、粉ミルクの作り方を練習します。

 

坂場は、優にミルクを飲ませてみます。

 

さらに、優を寝かせつける練習もしました。

 

そうして、優が生まれて6週間が過ぎました。

 

なつが、仕事に復帰する日となりました。

 

なつが、玄関を出ると、優が泣き出しました。

 

なつは、涙を流し、後ろ髪を引かれる思いで、仕事に出かけました。

 

なつぞら 125話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 125話あらすじ感想のまとめです。

 

なつが、女児を出産しましたね。

 

元気で、可愛い赤ちゃんです。

 

名付け親は泰樹で、「優」という名前になりました。

 

富士子が、一月手伝ってくれましたが、それから半月ほどで、なつの職場復帰になりました。

 

それからは、粉ミルクで育てることになります。

 

粉ミルクの品質も、今ほどよくないと思うので、育児も大変です。

 

せめて、数ヶ月は、母乳で育てたいですね。

 

これからが、大変になります。

 

坂場は、大丈夫でしょうか。

 

RECOMMEND
人気記事