なつぞら 138話あらすじです。

 

なつは、「大草原の小さな家」の企画書を読みました。

 

坂場は、なつの作画監督を考えていました。

 

なつは、坂場の演出で、作監をするため、東洋動画を辞める決意をしました。

 

なつは、仲に退職することを伝えました。

 

仲は、なつに、意外な返事をしました。

 

「なつぞら」あらすじ ネタバレ キャスト全話まとめ

 

 

 

なつぞら 第138話 なつ、新企画の作画監督を決心する

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

坂場が、「大草原の小さな家」の企画書を、なつに見せました。

 

物語の舞台は、日本です。しかも、北海道です。

 

北海道の開拓者のストーリーになります。

 

坂場は、柴田家の家族や天陽、十勝の人々に影響を受けました。

 

日本にも開拓者がいることを、作品を通して描きたいと思いました。

 

もちろん、アニメーションにしかできない表現で。

 

それが出来るのは、なつしかいないのです。

 

麻子は、なつが作画監督になるなら、必ず企画を通すと言いました。

 

下山も神地も、同じ意見でした。

 

坂場が演出をするなら、是非やってみたいと、なつは作画監督を決心しました。

 

坂場は、天陽が描いた包装紙を見て、この絵を夏が引き継ぐんだと、言いました。

 

次の日、なつは、仲に話しました。

 

この会社を辞めようと思っています。

 

でも、アニメーターは辞めません。

 

つまり、他でやりたいと言うことです。

 

私は、仲さんのお陰で、仕事を続けることが出来ました。

 

それを裏切ることになります。

 

仲は、会社や僕たちを裏切りたいと思っていないのなら、その選択は、裏切りではないと、言いました。

 

なつは、麻子のところで、どうしてもやってみたい企画があると、打ち明けました。

 

それで、いいと思う。

 

アニメーターは、もう1つの会社に拘っている時ではない。

 

それより、一つの作品に拘るべきだ。

 

そう、仲は言いました。

 

なつは、仲の弟子でよかったと、思いました。

 

 

なつ、退職願を提出

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

なつは、社長室へ行き、退職願を提出しました。

 

これは、純粋に私の我儘です。許してください。と、なつが言いました。

 

山川社長(古屋 隆太)は、渋い困った顔をしました。

 

なつが、作画室に戻ると、制作部長の佐藤(橋本 じゅん)が、慌ててやって来ました。

 

社長に退職願を出す前に、私を通してくれないと困ると、文句を言いました。

 

なつが辞めることも困ると、言いました。

 

「魔界の番長」は、最後までやると、なつが言いました。

 

その時、堀内(田村 健太郎)が、作画監督をやると、申し出ました。

 

なつは、堀内ならできると、保障しました。

 

佐藤は、なつの言葉を聞き、少し安心しました。

 

堀内は、なつの負担を少しでも減らそうと思いました。

 

でも、なつが、マコプロに移ると聞いて、堀内も仲間もビックリしました。

 

なつは、仕事の終わりに、咲太郎の事務所へ、優を迎えに行きました。

 

そして、坂場と一緒に作品を作ることにしたと、報告をしました。

 

また、新しいことに挑戦します。

 

北海道で、優と決めました。

 

優は、あの作品が出来ると、喜びました。

 

光子は、その作品に、風車プロダクションの声優を使ってねと、頼みました。

 

帰り道、優、ママはずっと仕事をするからねと、なつが言いました。

 

優は、寂しい思いをするかもしれません。

 

でも、これからも絵を動かしていきます。

 

優は、いいよ、ママ大好きと、抱きつきました。

 

なつは、年が明けた、昭和49年(1974年)3月まで、東洋動画で働きました。

 

なつぞら 138話あらすじ感想のまとめ

なつぞら 138話あらすじ感想のまとめです。

 

なつは、東洋動画を辞めると、仲や会社に伝えましたね。

 

東洋動画でアニメーターを志し、貴重なキャラクタを作り出す、メインの作画監督まで上り詰めました。

 

会社にとっては、大きな損失です。

 

でも仲は、快く送り出してくれました。

 

なつは、作りたい作品に出会えたことが、幸運でした。

 

それも、天陽の導きでしょうか。

 

なつは、いよいよ、自分が育った開拓者の地で、作品に挑みます。

 

このドラマの集大成になるのでしょうね。

 

RECOMMEND
人気記事