「越路吹雪物語」ドラマあらすじ 第19話です。森と大喧嘩をした時子が出社します。時子は、森に謝ります、森は、いつもと、大きく変わりません。

ただ、宝塚では、時子が森を殴ったことに、なっていました。

コーちゃんは、「喫茶 すみれ」で、初恋の人”帝大さん”を待ち続けますが、なかなか出会うことができません。

 

帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」全話まとめ

 

 

「越路吹雪物語」ドラマあらすじ 第19話


引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/koshiji/

時子と森のケンカは、尾ひれが付いて、大きなウワサとなっていました。父の葬式からしばらく経ったある日、時子は出社しました。

「時子の乱」について、コーちゃんやオカジ、ツメから、話しを聞かれていると、出社中の森が通りがかりました。

ドキッとする時子たちに、「おはよう」と、いつものように声をかけ、通り過ぎて行きました。時子は、「わたし、殴ってないから」と言って、仕事に向かいました。

編集部に着いた時子は、森に先日の暴言を謝りました。森は、「仕事をしたいんだけど」と、言いました。

時子は、父親の葬儀のお礼を言います。「忌引き休暇まだあるだろう。」「こんなに早く出てきて、大丈夫なのか?」と、森が声をかけました。

時子は、森の優しい言葉で、少しホッとしました。そこへ、出版部長の内田(河西健司)が、やって来ました。

内田は、森に「殴られたんだって。」と、言いました。時子と森は、同時に慌てて否定しました。

コーちゃんは、踊りの練習中です。練習場にやって来たタカちゃんに、小説「初恋」を返しました。本を見た仲間は、「コーちゃん、好きな人でもできたんだ。」と、言いました。

そのとき、演出部の丸田が、出征する知らせが入りました。驚いたみんなは、千人針を急いで縫うことにしました。

コーちゃんは、時子にもお願いします。丸田と聞いた森は、驚きます。森と同期の人で、先月結婚したばかりです。

 

 

コーちゃん、初恋の人を待ち続ける

ある日、コーちゃんとオカジ、ツメは、「喫茶 すみれ」で、紅茶を飲んでいます。ドアからお客が入ってくるたびに、3人はドアに向かって、振り向きます。

そして、ガッカリします。どうやら、待ち人があるようです。コーちゃんの初恋の人、”帝大さん”を待っていました。

また一人入って来ました。3人は、一斉に振り向きますが、ガッカリします。すると、急に3人は立ち上がり、「こんにちわ」と、挨拶をしました。

入ってきたのは、タカちゃんでした。「待ち人じゃなくて、悪かったわね。」と、タカちゃんが言いました。そして、オカジとツメに、大きな役が付いたことを喜んでくれました。

コーちゃんの親友2人は、順調にスターへの階段を登っています。しかし、コーちゃんは、欲もなくノンビリとマイペースでした。

タカちゃんからは、「悔しくないの」と言われますが、コーちゃんの悔しさは、別のところにありました。

親友のヤエちゃんばかり苦労することが、悔しくて、、「生きるって、大変だなあ。」と、洩らしました。

編集部では、時子が森に、「手伝いましょうか」と、言いますが、森は、「いいから帰れ」と、言いました。

時子が帰ると、森はカバンから薬を取り出し、飲みました。

コーちゃんは、タカちゃんのお土産を、同室の松尾セツと食べます。セツは、タカちゃんと仲良くすると、悔しがる人がいると、心配します。

舞台に欲を出せと言ってくれるタカちゃんや、心配してくれるセツを、ありがたいと思うコーちゃんでした。

でも、今一番気になっているのは、初恋の人”帝大さん”でした。

時子の家では、夫が亡くなり、なんだか元気をなくした母親が、気になっていました。

ある日、コーちゃんは、一人で「喫茶 すみれ」に出かけました。ドキドキしながら、中に入ります。紅茶を飲みながら、待ち続けます。

すると、一人のお客が入って来ました。待ちに待った初恋の人でした。

「越路吹雪物語」ドラマ 第19話の感想

宝塚から、出征する人が出ましたね。その人のために、千人針を縫うことになりました。

千人針とは、出征する兵士の武運長久、戦場での幸運と無事を祈って、女性たちが1枚の布に、一人一針糸を縫いつけ、結ぶ目をつくります。

そして、「おめでとう。」と言い、「万歳」で、送り出します。この時代のドラマで、よく見られる光景ですね。

「なんか、言いたくないなあ。」というコーちゃんに、「めでたいさ!」と、声を荒げる森です。何かに不満を持っている森、原因はまだ不明ですね。

まとめ

父親の葬式の後、時子は編集部に復帰しました。森との仲は、以前と変わりなさそうです。

コーちゃんは、舞台への欲もなく、マイペースです。ただ、初恋の”帝大さん”が気になっていました。

その”帝大さん”に会うため、「喫茶 すみれ」で待ちますが、なかなか願いは、叶いません。

そんなある日、待ち続けた初恋の人が、ついに目の前に現れました。コーちゃんは、話しをすることが、できるのでしょうか。

 

スポンサードリンク