「越路吹雪物語」第55話のあらすじです。突然かかってきた時子の電話に、コーちゃんは、驚きました。お母ちゃんが、亡くなったと聞いたのです。

勘違いに気付いたコーちゃんは、秋子に会いに行きました。秋子に話しかけると、急に秋子が語り出しました。

 

帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」全話まとめ

 

 

「越路吹雪物語」第55話あらすじ


引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/koshiji/

美保子は、紅白歌合戦を卒業し、内藤法美の歌も大ヒットしました。二人でささやかな祝いをしていました。

その時、時子から電話が入ります。「お母さんが」と言う時子に、コーちゃんは、驚きます。時子に、シッカリするように、一人ではないよ、と励ましました。

それを聞いた時子は、「エッ?」と、返事をしました。どうやら、コーちゃんの思い込みのようでした。

時子の様子から、てっきり時子の母・秋子が亡くなったと、コーちゃんが勘違いをしました。

この1年以上、時子が話しかけても、明子は反応しなくなっていました。それが、いきなり、「コーちゃんは元気にしているの」と、普段通りに聞いてきました。

秋子の意識が戻ったことが嬉しくて、時子は思わずコーちゃんに、電話をしました。それを、コーちゃんが、勘違いしたのでした。

秋子は、またすぐに、元に戻りました。その話を聞いたコーちゃんは、「お母ちゃんに、会いに行く」と、言い出しました。

時子は、昔の母とすっかり様子が変わっているので、会って欲しくないと、断りました。

「どんなになっても、私のお母ちゃん」「会いたい!」と、コーちゃんは、言いました。

コーちゃんは、自宅で療養している時子に会いました。「お母ちゃん、会いに来たよ」と、何度も話しかけます。

すると、秋子が突然、「コーちゃんは、いい子ね」と、言いました。コーちゃんは、「お母ちゃん、大好き」と、秋子の手を握り締めました。

それから、数日後、お母ちゃんは、静かに息を引き取りました。

 

 

コーちゃん、時子驚きの恋!?

しばらくして、コーちゃんは、時子と食事をしました。ちゃんと食べているか、落ち込んでいないか、心配していました。

コーちゃんは、私たちがいるので、独りぼっちになったと、思わないでねと、時子に言いました。

しかし、時子は、一人で家にいると、やはり寂しくなります。両親の写真を見て、「嬉しそうに二人で並んで」と、涙が出ます。

コーちゃんは、時子が亡くなるまで面倒を見ると、言いました。実の親子でも大変なのに、そんなことは、させられないと、時子はつぶやきました。

「ごめんねお母さん、私ちょっと、ホッとしちゃった」と、写真の秋子に、謝り涙しました。

それから後、葬儀に出られなかった杉尾医師が、時子の仏前に、お参りにやって来ました。杉尾先生は、「忙しい中、お母様のこと、よく頑張りましたね」と、時子をねぎらいました。

コーちゃんは、時子を元気付けるため、「恋してる?」と、話しかけました。コーちゃんは、時子には今、「ラブ」が必要だと、言いました。

時子は、ニッコリと笑って、「恋してるわよ」と、答えました。なんと、コーちゃんもビックリの時子の衝撃の告白でした。

「越路吹雪物語」第55話の感想とまとめ

さて、「越路吹雪物語」も、最終週になりましたね。

「シャンソンの女王」越路吹雪の波乱の生涯を描いた、帯ドラマ劇場は、今週で終わりますね。

第一線で歌い続けてきたコーちゃんは、身を削るようにして、ステージに立ち続けました。そのプレッシャーは、大きかったですね。

出演する前、時子の「魔法の言葉」が、欠かせませんでした。精神を落ちつかせるための道具も必要でした。

そんな苦悩が、身体に影響を与えていきますね。

ところで、時子は、花を咲かせようとしています。時子の恋が実ると、いいですね。

 

スポンサードリンク