半分、青い。89話(第15週「すがりたい!」)です。大納言に、田辺が戻って来ました。すずめは、怒っています。

 

田辺は、涼次の情報を教えました。そして、すずめは、涼次の部屋に行きます。しかし、そこには、すずめの知らない、男がいました。

 

涼次と一緒に暮らしている、祥平でした。涼次が、一人暮らしでないことを、すずめは知りました。結婚への障害が、現れました。

 

続テレビ小説「半分、青い。」全話の感想まとめ

 

 

半分、青い。89話ネタバレ、あらすじ

半分、青い。89話。宇太郎
引用元:

すずめに、晴から電話がかかります。「お母ちゃん、心配かけて悪かった。私は、結婚します。」と、すずめが伝えました。

 

「はーあ!」と、晴は驚きます。傍で聞いていた宇太郎は、「何事や。」と、身を乗り出しました。

 

「結婚するて、誰と。」の言葉に、宇太郎は、晴の傍に飛んで行きました。そして、すずめと話す晴に、電話をよこせと、懸命に合図します。

 

晴は、嬉しそうに、「分かった、分かった。」と、話しています。宇太郎が、強引に電話を取り、「おい、すずめ、どんな奴や。騙されてないか。」と、慌てて言います。

 

しかし、電話は、切れた後でした。心配でたまらない宇太郎ですが、晴は、すずめが結婚するので、喜んでいました。

 

田辺が戻る

100円ショップ大納言に、田辺が戻って来ました。「私が戻ってきたら、また、お客が減った。」

 

「顔が、怖いからです。」と、すずめが言います。「すずめちゃん、私、顔はこんなでも、心はガラスで、できているんだよ。ガラスの50代。」

 

「田辺さん。私、まだ、怒っているんですからね。運動会前のメチャクチャ忙しい時に、女の人と逃亡して。」と、すずめが文句を言うと、田辺が、お土産を出しました。

 

中味は、カモとクレソンの鍋の真空パックです。「失楽園ですか。」と、すずめが、言い当てました。

 

『その頃、”失楽園”と言う小説が流行りまして。中年のオヤジたちは、自分より少し若い愛人を連れて、シャトーほにゃららと、カモとクレシンンの鍋を、こぞって食べに行きました。』

 

 

涼次のことを教える田辺

すずめは、田辺から、涼次は100円ショップのオーナーの甥っ子だと、教えられます。涼次は、3歳のときに、両親が亡くなります。

 

それで、祖父母の家で、育てられました。そこに、涼次の母親の妹の光江がいました。田辺は、涼次に会うのも20年ぶりなので、分からなかったと言います。

 

田辺は、「何で、そんんなに急いで、結婚するの。」と、聞きます。「涼ちゃんの気が、変わらないうちに。そして、私の気も変わらないうちに。」

 

すずめは、家に風呂の無い生活に疲れたと、言います。「今日、涼ちゃんの家に行きます。お泊りグッズも万全。」

 

田辺は、「決戦ですね。」と言い、「少し気が多い 私なりに まわって来た道・・・」と、二人で歌いました。

 

宇太郎、すずめの心配

楡野家で、晴は、畳の上に12個のお守りを並べて、「ありがとうございました。」と、礼を言っています。

 

宇太郎が、「何や晴さん、結婚成就、八幡宮まで行ったか。」と、言います。晴は、すずめが心配で、ついつい、あちらこちらに、行っていました。

 

宇太郎は、「大丈夫か。そいつ、何やっとる。仕事は。年収は。」「まあ、会ったとき次第やな。」と、心配します。

 

「宇ちゃん、反対する気か。」「ええか、宇ちゃん、すずめは、もうすぐ30や。左耳も聴こえん。貰ってくれる人に、感謝せなあかんよ。」

 

「ムリして貰ってもらわんでもええわ。行くとこなかったら、家に帰ってくればいい。」と、宇太郎は、言いました。

 

すずめ、涼次の部屋に行く

半分、青い。89話すずめと祥平
引用元:

すずめが、涼次の部屋にやって来ました。部屋には、「COOL FLAT」の文字があります。「へー、ここが、事務所兼自宅。すごい。」

 

涼次が、奥の部屋に誘いました。すずめが、襖を開けます。椅子に座っていた祥平が、「いらっしゃい。」と、言いました。

 

すずめは、驚いて、「エッ、どなた?」と、涼次に、聞きます。元住吉 祥平を、涼次が紹介しました。僕のルームメイトと、言います。

 

すずめは、男が二人で住んでいrたことに、驚きますした。世界の巨匠だよと言う涼次に、「元住吉、変な名前。」と、すずめが言いました。

 

祥平は、怒りました。「失礼だな。他人の家に来たら、コートくらい脱ぐでしょう。」「これは、コートではない。お洒落の代表、ロングカーディガン。」と、すずめも対抗しました。

 

草太、すずめに紛れて結婚

晴と宇太郎の言い争いの声を聞きながら、仙吉は、部屋の仏壇の前で、ため息をつきました。そこへ、草太が、チョッといい、とやって来ました。

 

仙吉は、草太の話を聞いて、ビックリします。草太は、すずめの結婚に便乗して、自分も結婚しようと思うと、打ち明けました。

 

みんなが、すずめの結婚に、気を取られている間に、割り込みたいと、草太が言います。要は、草太の結婚を目立たなくするためです。

 

草太の結婚相手は、10歳年上で、バツ一、子持ちです。「エツ!」と、ワケを知った仙吉は、ひっくり返るほど驚きました。

 

「なんで、俺に言うの。」と、仙吉は、嘆きました。

 

すずめ、祥平と不仲

半分、青い。89話すずめ
引用元:

オフィス・クールフラットでは、三人が、テーブルに座っています。みんな黙っています。すずめは、ニコリともしません。涼次が、祥平のコーヒーをお代わりします。

 

すずめは、コーヒーを飲んでいません。「私、粉コーヒーは、チョッと。」と、言うすずめに、祥平は、普通のコーヒーをと、言いました。

 

すずめは、すかさず、「いえ、結構です。」と、断ります。祥平は、「フーッ。」と、ため息をつきました。

 

すずめは、祥平と涼次の、お揃いのコーヒーカップを、ジロリと見ました。「分かった。二人は、できている。ゲイか。私との結婚は、目くらましか。」

 

『いきなりなんですが、今日はもうお時間と言うことで。この続きは、また明日。いいとこなんだけどね。』

 

半分、青い。89話ネタバレ、感想

オッと、すずめは、結婚できるのでしょうか?晴が、反対するかと思いきや、以外に、宇太郎が、反対してきます。

 

母親は、娘が早く結婚してくれることが、安心なのですね。父親の方は、娘を他の男に、手放したくないという、心理が働くのでしょうか。

 

すずめは、お泊りグッズまで準備して、涼次の部屋を訪れましたが、思わぬ伏兵がいました。なと、祥平の同居人でした。

 

期待ハズレのすずめは、じゃま者の祥平に、機嫌が悪くなります。すずめと祥平の仲が悪いと、涼次は、仕事も映画も、やりにくくなりますね。

 

さて、すずめの結婚は、順調に進むのでしょうか。すずめと涼次の気が変わらないうちに、まとまるのでしょうか。

 

一方、草太も難題ですね。こちらは、相手が、バツ一子持ちで、晴の反対が、問題ですね。なんだかんだ、すずめにも、悪影響が及びそうですね。

 

さて、今回の歌は、DREAMS COME TRUE「決戦は金曜日」でした。「少し気が多い 私なりに まわって来た道・・・」と、気分よく歌っていましたが、すずめの決戦は、期待ハズレのようですね。

 

半分、青い。89話キャスト

楡野 鈴愛:永野 芽郁
楡野 宇太郎:滝藤 賢一
楡野 晴:松雪 泰子
楡野 草太:志水 透哉
楡野 仙吉:中村 雅俊

浅葱 裕子:清野 菜名
藤堂 誠(ボクテ):志尊 淳

森山 涼次:間宮 祥太朗
田辺 一郎:嶋田 久作
元住吉 祥平:斎藤 工

語り:風吹 ジュン

 

半分、青い。キャスト一覧
半分、青い。主題歌アイデア満載

 

スポンサードリンク